スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジコンの輸入・販売差し止め判決

昨年の7月に任天堂やソフトメーカーの54社が共同で提訴した

「ニンテンドーDS」のゲームソフトを不正にコピーして利用できる「マジコン」の

輸入や販売を行っている業者に対して輸入販売の禁止と在庫の破棄を命じる判決が

2月27日に東京地裁により言い渡されました。

「マジコン」販売禁止命じる 東京地裁、任天堂の訴え認める判決

ある国ではニンテンドーDS本体の売り上げはかなりあるのに

専用ソフトの売り上げが本体の売り上げを大分下回っている

という現象を起こすほど「マジコン」は出回っており、

日本国内でもここ数年でかなりの数が輸入・販売され、

任天堂とソフトメーカーの共同提訴という異例の事態での裁判となりましたが、

とりあえず一審の判決では原告側の言い分が認められたようです。


今回の判決が言い渡されると早速国内最大のオークションサイトである

「Yahoo!オークション」では「マジコン」を出品禁止されましたが、

数日後には「マジコンを購入する権利」が出品されているようです。

今度はオークションに「マジコンを購入する権利」が出品される

以前のゲームハードが品薄状況で転売目的の人が増えた時にも

ゲーム機を購入する権利などが多く出回りましたが、

いろいろと考えるものなんですね~

今回は「マジコン」そのものの販売が法的に禁止されているので、

Yahoo!側も強硬な対応を行うのでしょうか…


今後は公的な場所での販売は見かけなくなりそうですが、

電器街などで行われている路上販売はまだまだ続きそうなですね。


ただ、今回の判決はあくまで仮執行であり、

この後に高裁、最高裁と続く可能性もあるので

「マジコン」を巡るマーカー側と販売側の争いはまだまだ続きそうです。
スポンサーサイト

テーマ : ■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■ - ジャンル : ゲーム

Tag : ニュース ニンテンドーDS DS ニンテンドー 任天堂 マジコン マジックコンピューター

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。