スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYOTAの社長交代

新年一発目の更新となりますがいつもと変わらない感じで行きます。

世界的な不景気の波によって日本最強の企業であるトヨタ自動車も

初となる営業赤字を出すなど厳しい状況のようです。

そんな中、トヨタ自動車のトップが交代する方向に決まったとの事。

トヨタ自動車 創業家出身の豊田章男副社長が社長昇格へ

トヨタ自動車は現社長である渡辺氏を含め三代続けてトヨタの創業一族である

豊田家出身者以外が社長を務めてきましたが、

事ある毎にいずれ創業家にトヨタを奉還するような旨を発言しており、

社長に昇格する二代目社長の豊田喜一郎氏の孫である

豊田章男氏が社内で異例のスピード出世を重ね、

数年前に副社長に就任してからは創業家出身の社長が再び就任するという

事態も現実味を帯び始めてマスコミでもたびたび報道されるようになりました。

この世界的な金融危機にこのような人事を行うとは思っていませんでしたが、

創業家出身者が社長になる事によってグループ内の求心力を高め

この世界的な不景気に立ち向かっていくようです。


この人柄よりも家柄を重視する傾向は日本古来ものであり

今現在でもその傾向はかなり残ってるのも確かですが、

個人的には家柄は重視しすぎるのはどうかなと思います。

ただ、小さい頃からトヨタのトップになるための教育を受けているなら

他の人よりもトップに相応しい思考や性格を持ち合わせた人物に育つでしょうから、

その点を考えると家柄を重視するということもあながち間違ってはいないように思います。


このトップの交代人事によりトヨタ自動車がどのようになるのか注目です。
スポンサーサイト

テーマ : 経済 - ジャンル : 政治・経済

Tag : ニュース 経済 トヨタ トヨタ自動車 社長交代 豊田家 不況 不景気

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。