スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの家庭で一般に作られているのは…

海外で料理が美味しくない国ということでよく名前が挙げられるイギリスですが、

そのイギリスの料理に関することで衝撃的な内容が書かれた記事がありました。


らばQ イギリスの家庭で一般に作られてる料理は6メニューのみ


記事のタイトル名で察しが付くと思いますが、

らばQさんの記事によると「イギリスの一般家庭で普段どんな料理が作られるか」

をTimes紙が1400家庭を対象に調査をしたところ、

98%の家庭が6種類の料理しか作らないという事が判明したようです。


料理が6種類だけということは1週間家でご飯を食べると考えると

1メニューは料理がかぶってしまうという計算ですね…

気になる6種類の料理というのは多い順に

ローストチキン30%
スパゲティボロネーズ27%
炒め物12%
ソーセージ&マッシュポテト12%
カレー10%
ポークチョップ7%

12%の炒め物というのは味付けや材料によって全く別物の料理になりますから

絶対的に6種類のみということは無いでしょうが、

それでもちょっと信じられない結果に感じます・・・

他の料理を作らない理由としては

家族が好まない37%
作り方を知らない32%
面倒臭い31%

というイギリスの方の料理に対する情熱の度合いが現れている回答です。

イギリス人には紳士的で午後のティーを大事にしている、

というイメージを抱いていましたが、

午後のティーに対する情熱は食事方面に向かなかったのですかね…


日本には日本料理以外にも多国籍な料理やボーダーフリー的な料理も多く、

世界でも有数の食に対する情熱が強い国ということも影響しているでしょうが、

このイギリスの一般家庭での料理状況にはかなり驚かされました…

スポンサーサイト

テーマ : 今日、気になったネタ - ジャンル : ニュース

Tag : グルメ イギリス イギリス料理 料理 メニュー ニュース

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。