スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドーDSi

先日お伝えしたニンテンドーDS Liteの上位モデルについて

任天堂から正式名発表があったようです。


任天堂公式サイト「ニンテンドーDSi」


ニンテンドーDS新型機の正式名称は「ニンテンドーDSi」

販売予定日は11月1日でカラーは白と黒、価格は18,900円、

ニンテンドーDS Liteよりも2000円ほど高い設定となっています。

年内販売は国内のみで海外は来年の販売となる模様。


ニンテンドーDS Liteとの違いは

30万画素の内蔵カメラ「DSiカメラ」やオーディオ機能の「DSiサウンド」、

ネット閲覧が可能となる「DSiブラウザー」等が搭載されるようです。

「DSiブラウザー」はオンラインショップ「ニンテンドーDSiショップ」から

「ニンテンドーDSiウェア」をダウンロードする事ができ、

それらのアプリケーションを「ニンテンドーDSi」本体に内蔵することを可能とする

保存メモリが本体に搭載されているとのことです。

更に、SDメモリーカードスロット標準装備によって「ニンテンドーDSiウェア」の持ち運び、

「ニンテンドーDSiカメラ」にて撮影した写真をパソコンなどに移す事、

SDカード内の音楽を「ニンテンドーDSiサウンド」にて再生して聴く事などが可能のようです。


「ニンテンドーDSi」本体自体の大きさがDS Liteよりも液晶画面が大きくなることによってか、

本体の横幅と縦幅は大きくなりますが厚みが薄くなり、

本体の重量もニンテンドーDS Liteより軽量化されているようです。

しかし、本体の高性能化からなのか電池の継続時間が短くなっており、

ゲームボーイアドバンスカートリージスロットが無いので

ゲームボーイアドバンス用のソフトは「ニンテンドーDSl」では利用が出来なくなります。

一世代前のゲームソフトが利用できなくないハードの発売は、

これでまた時代が進んだということを実感させてくれます…


前回の記事でも書きましたがニンテンドーDS Liteから「ニンテンドーDSi」の変化は、

ニンテンドーDSからニンテンドーDS Liteへの変化時は

機能的にはほとんど変化していなかった事を考えると

ゲーム機能的にはさほど変化はしていませんが、

それ以外の変化を考えるとニンテンドーDSもゲームだけではなく、

日常生活に溶け込んだツールを目指しているのですかね。

この「ニンテンドーDSi」がどれだけ売れるかで携帯ゲームの未来も

大分変わるような気がします。

携帯ゲームはどうなっていくのですかね~
スポンサーサイト

テーマ : ゲームニュース - ジャンル : ゲーム

Tag : ニンテンドーDSi 任天堂 ニンテンドー ニンテンドーDSLite ニンテンドーDS DSi DS新型

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。